僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS 『頑張る』のプロット。

<<   作成日時 : 2008/10/20 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例えば、こんな話。

ある人がいる。性格は真面目。でも要領が悪くて仕事は今ひとつ。彼は真面目だから一生懸命に取り組んでいる。だけどポイントはずれていて詰めも甘いのでいい結果につながらない。上司の指示や同僚のアドバイスを聞く姿勢はちゃんと持っているのだけれど、理解しきっていないから、同じミスをなんども犯す。そのたびに注意され、叱責され、真面目な彼はだんだんと自信を失っていく。自信のなさは、よい結果を出せない事への怖れに変わる。結果が出ないことを怖れるあまり、物事に取り組むことに躊躇するようになる。すると当然結果自体(いい結果であれ悪い結果であれ)が出なくなるから更に注意され、叱責される。思い悩む彼は、怖れから逃れるために会社を休みがちになる。そうなると仕事自体をしなくなるから更に叱責される。バッドスパイラル。無理をして会社に向かおうとするが体が言うことを聞かない。それでも彼は一生懸命に出社する。真面目だからだ。頑張っているのだ。頑張って出社してきているのだけれど、それを『頑張っている』と評価してくれる人は誰もいない。彼は頑張っているのに。身体にも心にも鞭をふるって、「会社に来る」という大業を成し遂げているのに。頑張っているのに。

『頑張っている』って、どうプロットすればいいのだろう?

そんなことを、最近よく考えるようになった。

負けても、投げ出しても、逃げ出しても、それでも『頑張っている』状況はあるのだと思う。
10年前なら、自分でもわからなかったことかもしれないが、幸か不幸か、今の僕はそれをわかることが出来る。少なくとも世間一般のみなさんよりも、少しだけ。

その状況を改善する処方箋を持ち合わせているわけではないのだけれど。
でも、考え続けて行きたいと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『頑張る』のプロット。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる