僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふたが取れたら危ない」ならば。

<<   作成日時 : 2006/08/07 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふたが取れないように気をつける」が答えの一つ。

プール事故 「無責任」が生んだ人災 仕事丸投げ、管理ずさんに

答えはもう一つあります。「ふたが取れても危なくないようにする」。

そもそも、子供が遊ぶプールの水面下に子供がすっぽり吸い込まれるだけ大きさの吸水口が口を開けているというのが間違いなのです。全身が吸い込まれることのないサイズで、かつ水面に顔を上げて助けが呼べるような箇所にしか作らない、という設計上の配慮を基準化することが必要でしょう。多少コストはかかるでしょうが、関係者に向けた安全意識と管理手順の認識徹底を延々と続けていくよりは長期的に見れば安く上がるでしょう。

安全面での優位性は言うまでもありません。どんなにルールを徹底したところで、人のやることから「ついうっかり」を排除するのは不可能です。うっかりしても危なくない仕組みをどうやって作るか、そこが頭の使いどころでしょう。偉そうですいませんね。

役所も、『遅かれ早かれ、運用はお役所仕事になる』ことを念頭において改善案を作ってくれることを希望いたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ふたが取れたら危ない」ならば。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる