僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザの季節です。(06/1/12追記)

<<   作成日時 : 2006/01/11 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

どうも、この手の記事には先入観が働いてしまう。コトを大きく煽り立てようとしているんじゃないか、という。

<鳥インフルエンザ>従業員ら77人 感染していた可能性

鳥インフルエンザが続発している地域で、感染している鳥を扱って働く人が鳥インフルエンザウィルスに感染するのは意外なことでもなんでもない。「鳥インフルエンザ」はいうまでもなく鳥が罹る病気で、人が発症することは(感染、ではなく)稀だ。1997年から昨年までの8年間で確認された発症者は世界で150人に満たない。また、感染そのものもヒトインフルエンザと違って罹患した鳥に直接触れることでしか行われない(肉および卵を食べたことで感染した事例はない)し、何よりヒトからヒトへうつらない。

新型ウイルスの登場による新型インフルエンザ流行の可能性についても、鳥インフルエンザに関して言うならば「鳥からヒトへの強力な伝染性」「ヒトからヒトへの強力な伝染性」という二つの性質を獲得する必要があり、ヒトインフルエンザをベースにした変異の可能性に比べれば断然低い。(ちなみにヒトインフルエンザウイルスの突然変異は小さなものなら毎年のように起こってます。だから毎年のように流行している、のです)

もちろん、大きな突然変異による大流行の可能性はゼロではないし実例もあるけれども、「鳥インフルエンザ=新型インフルエンザ=大流行」という図式の実現可能性は低いものであるといえるだろう。それよりむしろ怖いのは鳥インフルエンザではなく、この冬に流行するヒトインフルエンザのほうだ。こまめな手洗いとうがいの励行だけでも感染はある程度防げるし、よく食べて寝て体力を充実させれば罹ったときの症状も軽くなる。われわれはヒステリックに大流行を懸念するより、自分自身がかからないことをこそ心がけるようにしたいものだ。

・・・・・とここまで書いてたら、フジテレビのニューステロップで鳥インフルエンザを評して「恐怖の殺人ウイルス」ですと。4人の子供のうち3人をなくされたご夫妻のことはお気の毒に思うが、ニュース番組にそんな煽りは不要どころか有害だろう。何を考えているのだか。


1/12追記
つまり、こういうこと(↓)をやってはいけないということです。
鶏へのキスで感染 トルコ東部、8歳少女

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「殺人ウィルス」とかいった煽りは本当にどうにかしてほしいものです。ダイオキシンやいわゆる「環境ホルモン」の騒動がその後どうなったのか、煽ったマスコミはちゃんと検証しているのでしょうか。また「普通の」インフルエンザを軽視するべきでない、というのも同感です。
でもね、新型インフルエンザのリスクは十分に高いと思いますよ。大流行には二つの大変異が必要、というのはそのとおりだと思いますが、インフルエンザウィルス一般の変異性の高さゆえに、その可能性は決して低くないと考えています。WHO(世界保健機関)事務局長からして(警告の意味も込めているでしょうが)「大流行は時間の問題」と発言しています。
また、リスク問題は(発生可能性)×(結果の重大性)で判断すべきものではないかと思います。新型インフルエンザは、日本政府の行動計画で「国内でも最大で外来患者が約2500万人、死亡者が64万人」と推定されており、最悪のケースの想定とはいえ万一流行した場合の影響が大きすぎます。大げさにならない範囲で、しかし警鐘はしっかり鳴らしておくべきではないかと思うのです。
和貴
2006/01/13 00:01
和貴さん、どうも。
仰ることには同感です。ただ、鳴らされた警鐘にはどう対処すればいいのか、そこまで伝えてこその報道だと思うのです。このエントリのバックグラウンドとなる知識はネットで1時間もあれば集められる程度のものです。その手間をかけない報道姿勢が気に入らなかったため、こういうエントリーになりました。
あと、「煽るなよ!」と文句つけているエントリーに脅すような文句が入るのもどうかな、とも思いましたし。
遊庵
2006/01/13 00:38
> 鳴らされた警鐘にはどう対処すれば
> いいのか、そこまで伝えてこその報道
> だと思うのです。
同感です。実際にはこれが民放だと、往々にして対処法と称し効果のほども明らかでない民間療法を紹介したりするから、さらに腹立たしいです。
> その手間をかけない報道姿勢が気に
> 入らなかったため
この類の報道におけるマスコミの姿勢については、手抜きなのではなく、ある程度調べて実態をそこそこわかったうえで大げさに煽っている場合が多い、と私は見ています。センセーショナリズムが売上促進の王道であることを、この人達はよーく知っているのだ、とね。
和貴
2006/01/14 00:51
>この類の報道におけるマスコミの姿勢に
>ついては、手抜きなのではなく、ある程
>度調べて実態をそこそこわかったうえで
>大げさに煽っている場合が多い
だからなおのこと腹が立つわけですよ(苦笑)。
遊庵
2006/01/14 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフルエンザの季節です。(06/1/12追記) 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる