僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS ただ「頑張って山に登れ」と言われても。

<<   作成日時 : 2006/01/04 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どの山に登るのか?どのルートで登るのか?いつまでに登るのか?

少なくとも上に挙げた三点程度が決まっていなければスケジュールも立てられなければ準備も出来はしません。「頑張」りようもないでしょう。ことがわたしだけの問題であるならば自分で決められもしますが、わたしが登るべきだと思う山を他の人もそう思っているとは限りません。「この山に登ろう」と言ってみても、登れと言った人自身が反対する事だってよくあることです。おまけに、そもそも「山に登る」ことがいいことなのかどうか。ひょっとしたら「川を渡る」ことの方が重要かつ緊急の課題なのかもしれないのに。だから、ただ「頑張って山に登れ」と言われても困るのです。もう少し、具体的に。

以上、仕事始めの今日、お屠蘇気分の頭でつらつら考えていたこと。

もちろん、実際には自分たちで考えてちゃっちゃと登っちゃうつもりでいるんですけどね。でないとやってられないし。ふふん。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ただ「頑張って山に登れ」と言われても。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる