僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS カウントダウン33

<<   作成日時 : 2005/08/21 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

新居への引越しも近いのであちこちの業者に見積もりお願いしていましたが、そのうち一社が実際に見て見積もりたいと言って来たので今日来てもらいました。

僕はモノが捨てられないたちで、荷物はかなり多いほうです。前回の引越しでも結構な費用がかかりましたので、今回もどうなることかと思いましたが、あにはからんや、前回の半額程度。不思議に思いたずねてみたところ、「業者にもよるけれど、遊庵さんが前回頼んだところは有名なボッタクリですよ」とのこと。まぁ、営業担当者の言葉を鵜呑みにはできませんが、いろいろと比較検討の余地があることは確かなようです。

とはいいながら、今回は引越しまで日がないこともあったので、結局どそこで決めちゃいました(苦笑)。反省はなかなか活かされないものですね。次の引越しの時には、もう少しじっくり考えるようにしましょうか。

そんなこんなで暮れていく、挙式33日前の一日。カウントダウン。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いまだにボッタクリの業者が淘汰されずにいるんですか。油断ならないですね。
かく言う私も、今回の引越では単身で家具もほとんどないにも関わらず見積が$3500と聞いて、1ケタ違うのでは、と目を疑いましたよ。日系業者・州をまたぐ移動・費用会社負担、と高くなる要素と言われるすべてに該当したわけですが。とほほ。
和貴
2005/08/23 07:33
僕も前回の引越しは費用会社負担でしたんで高めに出ているだろうとは思っていたんですが、それにしたって半額は酷いだろうと憤慨しきりです。これが結構大手の仕業ですからね。
でも、今回の営業さん曰く「そういう会社だから大手になれるんですよ」だそうで、陳腐ですが説得力のある台詞ではありました。

それにしても$3500てええぇぇー?払ったの?
遊庵
2005/08/24 01:02
>そういう会社だから大手になれるんですよ
う〜む、確かに。
>払ったの?
結局頼みましたとも。もちろん会社の人事にはお伺いをたてましたが、回答が「納得いかなければ別の業者に代えてもいいですよ」。いや、会社負担なんだからこっちにはインセンティブが働かないんだけど、と言いたいのを飲み込んで(笑)、別の日系業者に相見積もりを頼んだら「少なくとも$4〜5000」と言われてあきらめました。現地の安い業者はあるのだろうけれど、悲しいかな、何が起こっても対処できる英語力がない私には思いきれませんでした。
和貴
2005/08/25 12:07
はぁ〜。それもボッタクリに近いですよね。ふさわしいサービス受けられるように祈っています。お金のほうは、まぁ正式なルートで手に入れられるんだから使っちゃえ(笑)。
遊庵
2005/08/25 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウントダウン33 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる