僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成枯れすすき。

<<   作成日時 : 2005/06/07 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

見通し甘いんじゃないのぉ?っていうか、収支の計算くらいまともにやれ。人の金当てにせずに。

合併補助金2000億円が必要 05年度は700億円不足
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050605-00000059-kyodo-pol

おそらくね、記事にいう『合併した市町村の一体化に必要な事業』ってのが曲者なんでしょう。国から補助金出るからって、猫も杓子も必要な事業って形にまとめてしまったのではないかしら。推測の域出ませんけど。でも、そうとでも考えないと30億円の予算見積もりに730億円の支出見通しなんていうふざけた話になるわけなさそうじゃありません?

ところで不足分については、
>総務省は今後も補正予算で全額対応するよう求めていく方針だ
だそうですけど、そんなお金どこから出るのよ。って僕らのお財布からなんですよね。ふざけんじゃないよ全く。と言ってもどこにも届かないシステムになってるんだけどさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この件については遊庵さんがトラックバックした記事しか承知していないんですが、これは自治体側ではなくて総務省がおかしいのでは?支出目的には一応制限があるわけだから、おかしな費目は査定する側で却下するべきだし、何より「3年で計6000万−3億円を限度」と上限が設定されていて、金額の幅もそれほど大きくない以上、予算要求側(総務省)が「件数」を読み間違わない限り20倍以上も必要になるわけはないと思うのですよ。
「平成の大合併」については、もちろん合併しないと立ち行かない自治体が多くて必要だった面もありますが、「合併しないとペナルティー」とムチをチラつかせたやり方には、30年前に合併を経験した自治体で育って合併の負の部分も見てきた私には、あまり愉快なものではなかったですなぁ。
和貴
2005/06/07 10:21
>これは自治体側ではなくて総務省がおかしいのでは?

むむ。確かに査定する側の落ち度は否めませんけど(というか責任の大半はそちらにあるのでしょうけど)実際の商売で国のお金でお買い物できる人たちの予算管理の甘さ杜撰さを多数見てきたもので、どうしても批判の矛先の向きに偏りが出るようです。許されたまへ。
遊庵
2005/06/07 12:34
すみません、査定云々はむしろオマケで、問題の中心は「件数の読み間違い」のほうだと思っているのでした…。
もちろん、便乗としか言いようのない費用請求がはびこっていることは承知してますし、それが税金から出ているとなれば、憤る気持ちは同じです。
和貴
2005/06/09 15:10
>問題の中心は「件数の読み間違い」のほうだと思っているのでした

確かに、上限3億円で予算30億円てことは10件、6000万円でも50件。対象となる合併件数がいくつになるか確認していませんけど、市町村数はこの6年で900くらい減っているから・・・・結構少な目の見積かな。


遊庵
2005/06/09 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成枯れすすき。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる