僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS あの頃の未来に。

<<   作成日時 : 2005/06/11 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

僕らはたどり着いているのでしょうか。

「20世紀の予言」7割的中 科技白書、コラムで検証
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050610-00000035-kyodo-soci

ディテールがどう違うかとか、原資料にあたっていないんでよくわかりませんが、エアコンとかテレビ電話とかはそのものずばりな感じです。インターネットショッピングは・・・チョット苦しいかな(笑)

でも、つい100年前には空想の産物でしかなかったものが今は僕たちの身近にいくつもあるというのは、不思議な感じです。もちろん、まだアトムもHALもこの世には存在していないけれど、それだってなんとかなっていくんじゃないかって、そんな気しますよね。

個人的には、小さい頃読んだ『レンズマン』が身に着けていたリストウォッチタイプの通信装置、僕欲しくて欲しくてたまらなかったですけども、WRISTOMO見た時に、『これだ!』叫んだ覚えありますよ。いや、さすがに買ってはいないですけれども。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう一つ思うのは、1901年の人が考えもしなかったことがたくさん実現しているんだろうなぁ、ということ。我々は、22世紀に何が実現していると想像し、何が実現することを想像できないでいるのだろう。
和貴
2005/06/11 07:02
そうですね。22世紀まで僕が生きていることはまず有り得ないけれど、せめて夢のある想像が実現していることを祈るです。それから、僕らの夢すら及ばない、素敵ななにかが実現していると、もっといい。
遊庵
2005/06/12 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの頃の未来に。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる