僕らの流儀

アクセスカウンタ

zoom RSS これが、僕のヒビキ。

<<   作成日時 : 2005/03/15 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
一月から始まった平成ライダーシリーズ第6弾、『仮面ライダー響鬼(ひびき)』、よいこのみんなは見てるかな?

主役のヒビキに細川茂樹というびっくりの配役と、嘉門達夫もびっくりの替え歌で、日曜の朝を和ませるグレイトな番組だ!「音で戦う」ライダーらしく手にしている武器は太鼓のばちだ。敵に清めの音を叩きこむぞ!ってそれはただの鈍器じゃん!?ちなみに正体は周囲にバレバレだし、変身後にはバイクには乗らないぞ!ライダーじゃないぞ!

・・・といろいろ書いてますが基本的には楽しく見てますこの番組。1年で果たして終わるのかと心配になるほど話の展開は遅いですけど。このところ、若手イケメンの登龍門的な位置付けだったライダー役が細川茂樹と聞いたときにはマジで驚きましたが、おかげで演技的には比較的に安心してみていられます。布施明の歌うエンディングもなかなか。恥ずかしくていいです。

写真は、ガチャガチャ(今はガシャポンっての?)で撮った響鬼のフィギュア。なかなかしっかりした作り。どう見ても悪役系のいでたちですが今回これが主役です。まだまだ違和感あるけど、また1年間見つづけていくんだろうなぁ。


この人形、全5種の中で最も気に入ったものを一発で引き当てました。彼女には「すごいねー!!」とお褒めの言葉をいただきましたが、よく考えてみると無駄なところに運を使っているような気がしないでもないです。わはは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
響鬼、評判いいみたいですね。どれくらいいいかというと、「プリキュア1年目の最終回を見逃した〜!」という書き込みに対して「おまいはそれよりも響鬼を見逃したことを悔やむべきだ」というレスが、プリキュアの掲示板だというのについたくらい。わかりにくい例えだな、おい。
「これが、僕のヒビキ」と言われると、クサレな私めなどは「鳴り響け、僕のメロス!」なんていう、ここを見ている人で意味わかる人なんているのか、と自問してしまうようなフレーズが反射的に浮かんでしまったりするわけですが。
和貴
2005/03/15 03:31
わかっちゃってすいません。合ってるよな?>和貴
しかしお米の国でもきっちりチェックしている君もさすがです。まぁメインはプリキュアでしょうけど(笑)。
ちなみに日曜の朝は「マジレンジャー」→「響鬼」→「プリキュアMH」→「ガッシュ・ベル」→「レジェンズ」とそれはそれはお子ちゃまな時間を過ごしております。

あ、公認ですので心配御無用。
遊庵(忘却の旋律男)
2005/03/15 12:59
ちなみに、初回に出てきた替え歌をご披露。
(「カエルの歌」の旋律で)

海豚はいるか?♪
たくさんいるよ♪
そ♪そ♪そ♪そ♪
そそそそそそそそ 蘇我入鹿♪

どーよこれ。
遊庵(記録とってます男)
2005/03/15 13:04
>合ってるよな?
合ってま〜す。
>どーよこれ。
替え歌というのは前後のノリも大事で、歌詞だけでは面白さが伝わらないことが往々にしてあることを承知のうえで感想を述べれば、「何じゃそりゃ?」ですが。リアルタイムの放送で聞いていれば、一発ギャクとして面白かったのかなぁ。
和貴
2005/03/16 10:33
屋久島へ向かうフェリーの上で、主人公の少年が初めてヒビキ(カタカナの時は人の姿と思いねぇ)を見かけるシーンでヒビキが口ずさむ歌です。フェリーに付いて泳ぐイルカを眺めているところに聞こえてきます。個人的には「蘇我入鹿」で膝が崩れました(笑)。

自分で書いて気が付いたけど、今回の主人公はライダーじゃないね。少年だ。
遊庵
2005/03/16 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが、僕のヒビキ。 僕らの流儀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる